ギフト
とりあえず古物商、ミスターヨゴレマン、ボチボチ日記 家屋解体

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

家屋解体

 2008-01-20
以前の仕事で解体業も手伝いでいっていました。

トラックから重機の運転手。はたまた、手作業まで。オールマイティなんでもOK。

人がいないときは3人で40坪ぐらいの家ばらしてましたので。。。

まず最初は家宅捜索から。ほとんど必要な荷物は片付けているんだけど、たまにタンスや机(レトロ系もたまに)、小物大物系のレア品などあればみなさんで分けてお持ち帰りです。

あとは床下と屋根裏、はたまたふすまをはいで中(たまに古文書が出てきます。)たたみ下を確認。(たまにほこりをかぶった逸品が・・・)

それが終わるとアルミサッシやステン類や屋根周り銅版系を撤去。(作業後の焼肉代になります。)

崩しの第1歩は屋根の瓦はぎとルーフィングはぎ。全部はいでダンプ持ち出し。処分場へ。

それから壁をおとして木の枠組みだけにします。

あとは重機で一気にやっつけ。ダンプに積んで処分場へ。

あと基礎周りのコンクリートはいで。ダンプに積んで処分場へ。

一番困るのが最後に残ったカス。極力出ないように努力しても2トンダンプ2台ほど出ます。

それを処分場に持っていって整地。砕石やマサ土ひいて完了。

ざっと簡単に書きましたがこれは機械がはいるところの場合です。

2回ほど入らなく手バラシしましたが大変でした。

2階屋を人力のみ。それも真夏。大変でした。チェーンソーとカケヤと大ハンマーとバールでやっつけます。気合と根性でなんとかです。

真夏の瓦はぎも大変です。1時間ごとに休憩。水分と塩もしくは梅干補給。

足場は悪いし、照り返す太陽は生き地獄です。

そんな過酷な仕事を過去にしてました。

悪いことばかりじゃないですけどね。10時3時のお茶タイムは最高でしたけど。。

思い出しながら書きましたが、今思うといい思い出です。



せどり情報満載 人気blogランキング参加中 応援クリックお願いします。

スポンサーサイト
コメント
その前の荷物の処分のところが黒猫の仕事なのですね。。。

後の解体やさんにいい思いさせないようぺんぺん草はえないくらいに頑張ります!笑!

万札出てきたこと小判でてきたこと金塊出てきたこと刀出てきたこと。。。このうち3つ経験です!!

とにかく化けるのは!!紙!!
【2008/01/20 22:47】 | kuroneo #- | [edit]
くろねこさん
ありがとうございます。
化けるのは紙!了解です。金塊や小判はないですが、万札はあります、ちょうど来ていた家主にもっていかれたましたけど・・・・・
うちのほうは有力な業者があまりいないので参入予知ありです。一括片付けでゴミセットが多いです。
田舎系廃墟古民家がいいんですけど。
なんかでてきそうで怖い面もありますが。。。
【2008/01/21 11:33】 | ミスターヨゴレ #- | [edit]
そこに参入したいです!!
話が来るとうれしいんですが。。。。
なかなか。。。

解体屋さんにお願いすれば買取させてもらえるもんなんでしょうか??
【2008/01/21 18:56】 | たけはな堂 #T.9YoUd6 | [edit]
たけはな堂さん
了解です。わかる範囲でのちほど。。
【2008/01/21 20:23】 | ミスターヨゴレ #- | [edit]
ぜひ、、、「お持ち帰り」隊に参加させてくださいね。。。ちなみにプチ解体も経験済みですから、、。
【2008/02/02 00:38】 | さいけ #- | [edit]
さいけさん
昨日はどうもでした。
また遊びに寄らしてもらいますです。
「解体」いきますか?今度機会があったらお願いします。。
【2008/02/02 12:58】 | ミスターヨゴレマン #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mryogore001.blog85.fc2.com/tb.php/76-9f24f778
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
クリックで救える命がある。
無償であなたの真心を。      1クリックが命を救う。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索

最近のトラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
月別アーカイブ
なかのひと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。